なんの価値もない日々

両親要介護、自身も精神障害を患う女の死ぬまでの日常

1日目

こっちきてバイトを始めて数日が過ぎた。

以前勤めていた所に戻っただけだから、働きやすいし、楽しい。やめてから何ヶ月かたってるから勤めてる人で知らない人も当然いたけど、別に何にもトラブルもなく職場ではいい感じに日々が進んでる。

初日には常連さんが私に会いに来てくれたし、お菓子もくれて「また来るね」って言ってくれた。

それから数日経って沢山の常連さんが私に「また会えて嬉しい」って言ってくれた。

私はバイト先では沢山の人に愛されてる。

実家では初日に早速身内から軽いジョブ程度に罵倒された。

それから毎日顔を合わせないように周りを気にして、息を殺して生活している。

母親からは毎日メンヘラ女特有のねっとりした愛のメールと私に気にかけて欲しい気満々の病んだメールが来る。

 

 

私の部屋はPCはあるけどネットが繋がってない、それにテレビもないので休みの日はPCで音楽かけてスマホツイッターに張り付いてる。

クーラーもないし風通しの悪い部屋なので今の季節部屋の中は地獄のような暑さ。両親の部屋にはクーラーがあるけど当然あんなところにお世話になりたいとは思わないから生ぬるい風しかこない扇風機をかけてる。

で、実家帰ってきて実家にいたくないという理由だけで息つく暇もなくバイト始めたことも重なって簡単に夏風邪をひいた。

ただでさえ、日常が「見える地獄」なのに、

暑さ&体調不良でさらに地獄である。

 

通信規制を気にしないネット環境がない&テレビがないことは初日はかなり凹んだが数日で音楽聴ける環境があるだけまだマシだという気持ちに切り替わった。

 

来月には、お金を貯めてない私が悪いのだけど9月末までガチで金欠なので携帯料金も払えないという事態がまってるけどそれは今は考えないでおこうと思う。

 

 

実家を出てた頃は毎日自炊してたので、自分が作ったものだが美味しいご飯を食べられてたんだけど、実家に帰ってきてからはキッチンに立つことを許されてないから毎日カップラーメンで過ごしている。急に風邪ひいたのはそのせいもあると思う。

ビタミン剤大量服用で栄養を補ってる。

 

まだバイトの固定シフトがはっきりしてなくて休みが多いから、風邪を治すには最適な感じなんだけど、

以前勤めていた頃より人が多いからもしかしたら固定シフトになっても希望通りのシフトになれず休みは多いのかもしれないので、休みが多かった場合のためにブロンを購入して貯めておこうかとも考えてる。

 

 

こいつ、やはりメンヘラである

 

 

 

 

メンヘラっていうのあんま好きじゃないんだけどね、現代人に説明するのにはわかりやすいから仕方ないね。

 

今日も、冷えてない2リットルのお茶をラッパ飲みしつつ美味しくもないカップラーメンをすすりながら時間が早く過ぎろ、あと私早く死ねと願った1日だった。

 

 

 

 

広告を非表示にする