なんの価値もない日々

両親要介護、自身も精神障害を患う女の死ぬまでの日常

最近思うこと

初めて触れたときのあのキラキラした気持ちだけはいつまでも忘れたくなくてソレに未だに固執している。

あれが普通の人が言う「夢」っていうのならきっと最高で、ソレに近づこうとしてる人を見ると本当に羨ましく思う。

そっち側の人間になる権利を得るのは私には難しい。

でも私みたいな人間でも血反吐吐く思いをすればそっち側にいけるってことも私は知ってる。

そこまでしてソレしかないと思うとか頭おかしいってくらいの努力が必要

 

私は今を生活するだけで精一杯で。

もっと言えば息をするだけで精一杯。

 

私には届かない、

私は私なりに精一杯生きてきたけど、

未だに夢を見る権利はない。

 

 

 

広告を非表示にする

今日

久しぶりに友達に会った。

私はいつも通りな服装をして、なるべく可愛く見られるようにずっと鏡を見つつ、周りの目も気にしてた。

久しぶりに会った彼は何も変わっていなかった。

相変わらず、顔が綺麗で、毒舌だった。

 

私は何も変わってない姿に酷く安心してしまった。

 

正直、会えたことが本当に嬉しかった。

だから会えた瞬間に一目も気にせず抱きついた。

これは普段の私なら考えられない行動なんだけど、私の昔を知ってる人にまた会えたことが本当に嬉しかった。 

 

頻繁に会ってた頃は私は未成年でタバコも吸えなかったけど、今はタバコも吸えるしお酒も飲める。それがなんか嬉しかった。あっちはどう思ったのか知らないけど、多分なんとも思ってないと思う。

 

「ほら私もうお酒飲めるんだよ!タバコも吸えるんだよ!」って正直言いたかったけどそれカッコ悪いなと思ってやめた。

 

ファミレスに入って、昔の話とか好きなものの話をしてたらあっというまに2時間くらい過ぎてて。ほんと仕事してると長いのに私生活だと時間過ぎるの早いよね。

そのあとカラオケに行って、二人共通で大好きなサンホラの曲を歌いまくって、画面には表示されてない台詞の部分言い合って凄く楽しくて(普通の人はドン引き)あっちもめっちゃ楽しそうにしてくれて、同じ世代のアニメソングとか歌って、最遊記が20周年って話しとか、レンタルマギカ懐かしいよねとか話して楽しかった。

そのあと飲みに行って、なんかおしゃれなところいって「場違い感やばいね」とか言いながらもまあぼったくられることはなく飲んだことないお酒とか飲んで(マニキュア飲んでるみたいな感じしたけど)大人だなあーーーって感じて、二人ともお酒入ってるからもうなんかこの世の終わりみたいな顔して色々話して、店出て、

 

「またねって一応言っとこうか」って言って別れた。

 

 

次いつ会えるかわからないもしかしたら2度と会えないかもしれないけど、まああの人ならうまくやるんじゃないかな。あと、私が自殺してもあの人なら「まあそれもありだよね」って納得してくれるんじゃないかなって思った。

 

帰りの電車、母親から連投でメンヘラ特有のメールがきて死にたくなった。

 

 

でもこのテンションの変動はもう慣れたから結構普通に家に帰った。

 

こんなの慣れたくなかった

 

 

 

広告を非表示にする

バケツをひっくり返したような雨が降ったり止んだりしてた

終わりがある生活なのにもかかわらず虚しいと思う。

近い未来の自分はもうここでストップしてないはずなのに、何故か永遠にここにいて意味のない自問自答と生活を繰り返すんだと考えて虚しくなる。

私なんかを愛してくれる誰かの隣で笑って、もう自分のこと以外で悩む必要のない世界に必ず行けるのに。 

 

そういえば、こっちに来てからほぼ毎日他人と接触してる 

私はちょっと変わってしまった。

甘えた声で「私のためにお金を使って」等と平気で言うようになってしまった。

私自体が虚しい人間性になってる気がする。

 

 

今も何故だか寂しいし虚しくて仕方がない。15歳の頃みたいな感じだ。誰かにわがままを言って困らせたいし、甘えたい。いい年してバカみたいだな。

 

あー、市役所にも行かなきゃいけなかったのに色々考え事してたらどんどん後回しになって結局期限日までに行けなかった。

近いうちに行けばなんとかなるよね。

 

最近夜涼しくなってきたね。早く寒いくらいになってほしい。寒い日の人恋しさはなんか好きなの。(当然誰も傍にいてくれないけど)

 

 

 

 

 

1日目

こっちきてバイトを始めて数日が過ぎた。

以前勤めていた所に戻っただけだから、働きやすいし、楽しい。やめてから何ヶ月かたってるから勤めてる人で知らない人も当然いたけど、別に何にもトラブルもなく職場ではいい感じに日々が進んでる。

初日には常連さんが私に会いに来てくれたし、お菓子もくれて「また来るね」って言ってくれた。

それから数日経って沢山の常連さんが私に「また会えて嬉しい」って言ってくれた。

私はバイト先では沢山の人に愛されてる。

実家では初日に早速身内から軽いジョブ程度に罵倒された。

それから毎日顔を合わせないように周りを気にして、息を殺して生活している。

母親からは毎日メンヘラ女特有のねっとりした愛のメールと私に気にかけて欲しい気満々の病んだメールが来る。

 

 

私の部屋はPCはあるけどネットが繋がってない、それにテレビもないので休みの日はPCで音楽かけてスマホツイッターに張り付いてる。

クーラーもないし風通しの悪い部屋なので今の季節部屋の中は地獄のような暑さ。両親の部屋にはクーラーがあるけど当然あんなところにお世話になりたいとは思わないから生ぬるい風しかこない扇風機をかけてる。

で、実家帰ってきて実家にいたくないという理由だけで息つく暇もなくバイト始めたことも重なって簡単に夏風邪をひいた。

ただでさえ、日常が「見える地獄」なのに、

暑さ&体調不良でさらに地獄である。

 

通信規制を気にしないネット環境がない&テレビがないことは初日はかなり凹んだが数日で音楽聴ける環境があるだけまだマシだという気持ちに切り替わった。

 

来月には、お金を貯めてない私が悪いのだけど9月末までガチで金欠なので携帯料金も払えないという事態がまってるけどそれは今は考えないでおこうと思う。

 

 

実家を出てた頃は毎日自炊してたので、自分が作ったものだが美味しいご飯を食べられてたんだけど、実家に帰ってきてからはキッチンに立つことを許されてないから毎日カップラーメンで過ごしている。急に風邪ひいたのはそのせいもあると思う。

ビタミン剤大量服用で栄養を補ってる。

 

まだバイトの固定シフトがはっきりしてなくて休みが多いから、風邪を治すには最適な感じなんだけど、

以前勤めていた頃より人が多いからもしかしたら固定シフトになっても希望通りのシフトになれず休みは多いのかもしれないので、休みが多かった場合のためにブロンを購入して貯めておこうかとも考えてる。

 

 

こいつ、やはりメンヘラである

 

 

 

 

メンヘラっていうのあんま好きじゃないんだけどね、現代人に説明するのにはわかりやすいから仕方ないね。

 

今日も、冷えてない2リットルのお茶をラッパ飲みしつつ美味しくもないカップラーメンをすすりながら時間が早く過ぎろ、あと私早く死ねと願った1日だった。

 

 

 

 

広告を非表示にする

自己紹介とかするものなのかわからないけど

はてなブログはネッ友のしか見ないので

自己紹介とかするのかわからないんだけど、簡単に色々これの使い道とか自分の状況とかを書いておこうと思う。

まず最初に、本当に暇つぶしで始めたので更新はそんなにないと思う。

それと言いたことは鍵垢だけどツイッターで言ってるから、こんなの開設する必要も本当はないんだと思う。

ただ、ツイッターでは書いてない本当に反応にも困るほどのつまらない日常とか、他人からしたらどーでもいい気持ちの動きとかをここでは書こうと思う。

で、自分のことなんだけど

自分は両親が精神障害者(要介護)で、

自身も精神障害者っていうわかりやすく言えば

「メンヘラ一家」で、

2016年の頭から念願叶って実家から逃亡して楽しい日々を送っていたんだけど、8月の頭に期限付きだけど実家に戻ってきた感じ。

自分の趣味は音楽、サブカルチャー、アニメ、音ゲー、とそれなりにあって、

実家を離れていた頃は特に「アニメ」「サブカルチャー」「音ゲー」を存分に楽しんでいたんだけど、実家に帰ってきた今上記にある趣味を「楽しむ」ということが精神的にできなくて、「クソみたいな現実逃避」としか思えない。アニメ見たって、現実に目を向ければ一般的な家庭よりも高速で年老いていく両親がいる。そんな環境じゃ好きだったものも、楽しめるわけがない。

音楽は実家にいた頃も実家を離れていた頃も変わらず「生きる支え」いわば娯楽ではないから聴くのは変わってないけど。

あんまり特定できるような個人情報は書かないほうがいいと言われてるからこれくらいにしとく。

とりあえず今日から自分の毎日を公開します。